若者の野菜不足には青汁がぴったり

学校、就職活動、部活、サークル。朝早くから何かと若者の一日は忙しいと思います。そして、そのように時間が足りないとあわただしい日々を過ごすなかで、社会人と比べて若者にもう一つ足りないものは、お金でもあります。家で3食ゆっくりと取り、栄養バランスを整えることは休日でもなければなかなか難しい上に、そうであっても毎食をバランスよく取れる、という人はなかなかいないのではないでしょうか。外出先で野菜をたっぷり取りいれた外食はレストランなどのきちんとした店舗に行かなければいけない上、ファースト・フードを食べるにしても、その食事にサラダやスープなどを付け加えようとすると、お値段がどうしても上がってしまいます。結果、炭水化物とお肉をはじめとしたたんぱく質を中心とした食生活になってしまいがちなのです。若いから大丈夫、と思っていても、肌荒れや体重の増加などでどうしても外に影響は出てしまいますし、なによりも、若いうちから継続してバランスの良い栄養を取ることは、その後数十年の健康維持の為に必要なのです。そこで、そのような若者の栄養バランスの偏りを補う手段で有効なもののひとつは、青汁を毎日飲むことが挙げられます。


栄養バランスを補う手段としての青汁の魅力の一つは、手軽さです。最初から完成しているものがあるので、朝の忙しい中であれ、一杯ぐびりと飲み干す事は、然程の手間ではないでしょう。同じような栄養を朝に取りたいと考えれば、野菜をゆでたり刻んだり、或いはミキサーを取りだしてフレッシュジュースを作ったり、多大なる手間がかかってしまいます。もう一つの魅力は、コストパフォーマンスです。勿論、飲んでいるからと言って全く他の野菜や栄養素を考慮しなくても良いということではありませんが、栄養の補助手段として考えるならば、外でサラダを購入して食べるよりもかなり安価に抑えられるでしょう。野菜は一度にたくさん取ればよいというものではなく、毎日摂取するべきものですから、継続できるだけのコストパフォーマンスの良さは大切です。そして、もう一つ付け加えるならば、応用力の広さも魅力として挙げられます。青汁にミルクを注いで甘みを加えればグリーン・オ・レとしてまろやかなおいしさ、青さが苦手ならばリンゴジュースを加えれば美味しい野菜ジュースに早変わり、手間をかけても良いならばお菓子に加えて野菜スイーツに。手軽に、お安く、健康に。若者にこそ、青汁はぴったりの飲み物なのです。